奮闘中のふり
by tackysouvenir
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:miscellaneous( 60 )
気になるあいつのまなざし
この人の目は絶対にまぶたに書いてある。
f0052086_0261227.jpg
[PR]
by tackysouvenir | 2008-03-20 00:27 | miscellaneous
With her friends she’s having fun.
f0052086_12583751.jpg

高級ブランド志向の我が家にふさわしい照明器具を求めて、ACTUSに行ってきました。
親切なぶぶこさんが教えてくれたコレなんですが、豪邸である我が家にはちょっと物足りないサイズだったのであきらめました。
すっごい高い本物のスワンチェアに屁をしみこませたり(ウソだってば)、豪邸にふさわしい高価なゴミ箱を3個も買ったり、大変優雅なひとときでございました。

買い物後のランチはお金持ちの私たちにふさわしく高級中華料理店にて飲茶。
暴れまくる一歳児にめちゃくちゃにされてなんかいない。
f0052086_1342152.jpg
買ったばかりの高級ゴミ箱(300円)を駆使して水を飲む練習中の人。
[PR]
by tackysouvenir | 2008-03-17 13:07 | miscellaneous
プリシラ vs 猫
f0052086_21293094.jpg

税金のこととか仕事のこととかご飯のこととか庭のこととかを考えていると、なんとなく忙しいような気分になるけど、実は子供にメシ食わせて尻拭くくらいしかやってないということに気づいて呆然と立ち尽くす乙女の父Bです。
乙女の父Bと言えば『マカロニほうれん荘』ですが、自分の年齢を考えるときはいつも『マカロニ~』の登場人物に照らし合わせていたものでした。
高校入学の時はそうじ君(16歳)、20代半ばにさしかかるとトシちゃん25歳、そして今やきんどうちゃん40歳が一番近いという恐ろしい現実が私の眼前に立ちはだかっております。
妊娠出産というイベントにおいて、女性は10代だろうが40代だろうが『妊産婦』というカテゴリでひとくくりにされます。
ヘタすると、妊娠中は『プレママ』とか言われます。
『ママ』『ベビー』『ミルク』などのラブリーな単語に惑わされ、あたかも自分までもがヤングでラブリーなマミー的な錯覚に陥りがちなんですが、実際には、妊娠→出産→新生児の世話→乳児の世話(常に寝不足)を経たわたくしは、当然同年代の未出産女性よりもさらにシオシオなわけです。
このままシオシオと老いてゆくか、それとも奇跡の巻き返しを狙うべきか!?狙うにしてもどこから手を付けたらいいかわからない!
[PR]
by tackysouvenir | 2008-03-03 21:31 | miscellaneous
We're all "light"
And I won't take from you

Don't you know
'bout a zillion years ago
Some star sneezed, now they're paging you in reception
Don't you know
Jack and Jill-ion years ago
Some dinosaur dropped the pail when it saw our reflection

Don't you know
We're all light
Yeah, I read that someplace
Don't you know
We're all light
Yeah, I read that someplace
So you won't mind if I kiss you now
Before indecision can bite
Don't you know in this new Dark Age
We're all light

XTC の "we're all light" という曲の歌詞の一部です。
自分以外にXTCが好きな人を一人しか知らないんですが人気ないのかな。

"light" といえば……
[PR]
by tackysouvenir | 2008-02-24 00:50 | miscellaneous
My rotten amniotic fluid.
羊水の腐敗状態(腐らないっつーの)について暴言を吐いて35以上の未妊娠女子の総スカンを食った某ブサイク女性歌手がいますね。
完全に羊水腐ってる世代の私ですが、不思議とまったく腹は立ちません。
そんなことより、ああいう職業の人が『アーティスト』と呼ばれるようになったことがわけわからんちん。
エグザイルとかいう大人数のガラの悪い男性グループの構成人数と同じくらいわからない。
子犬が『パピー』、抱擁が『ハグ』という英単語がいつから市民権を得たのかと同じくらいわからない。
ちなみに『ジャグジー』は『ジャクージ』、『パーテーション』は『パーティッション』が正しいんだぜ。
だいたい、化粧と爪と髪の毛のことだけを気にしているような、小娘と呼ぶには老けすぎたあのような女子の自己愛に満ち満ちた知性&教養ゼロの歌謡曲が売れるこの日本がおかしいわけ。
きっと今回の一連の出来事は、俺の歌をブサイクな顔でみっともない体型で汚い声で下手な英語で歌うな!というフレディーの草葉の陰からの警告だったのだ。
これに懲りて We will we will rock you とか言うのはもうおよし。
なっ。

最近面白くて仕事のできる方々と知り合って大変刺激にはなるのですが、同時に自分の凡庸さに愕然としております。
エドはるみのように華麗なる転身がしたいものだ。
[PR]
by tackysouvenir | 2008-02-18 22:01 | miscellaneous
そこにいるのは誰だー!?
ども、キャシイ塚本です。
どういうわけか閲覧者が異様に増えています。
知り合い以外でいったい誰が読んでいるんだろうか。
勇気のある人、名乗りでてください。
なんつってウソ。

さて、毎日三食ブタのように食う一歳児のメシはなるべくがんばって作ってるんですが、自分メシはかなりおろそかです。
自分のために作る時間も、作った物を食べる時間もなかなか捻出できないもので。
本当はUFOとカップスターとシーフードヌードルの繰り返しで済ませたいんだけど、人としてどうよって言われそうなので麺くらいは茹でますよ。
無印のパスタソース「うにクリーム」って試したことありますか?
よくできてるんだなーこれが。
f0052086_1725597.jpgある日の晩御飯。これはかなりマシな部類。
[PR]
by tackysouvenir | 2008-02-06 17:08 | miscellaneous
安ダサ美容院にて
f0052086_12523492.jpgいまだにクリスマシーな我が家の窓&庭。

さて、最後に美容院に行ったのがいつだったか思い出せません。
平日なら実家の両親(チャリ15分の距離在住)、週末ならオットに子供を預ければいつでも行けたんですけどね。
基本的に外に出ない生活なので、オット以外に顔をあわせるのは宅配業者のオッサンとパルシステムのお兄さん、そして新聞の集金ボーイ(ちょっとかわいい)だけなんですわ。
絶対に私の髪型のことを気にしてない人たちにしか会わないのに、貴重な時間とお金をかけて美容院に行く意味がある?!こういうのどう!?スキ?キライ?スキ?キライ?と激しく自問自答する日々だったわけ。
唯一私のことを毎日長時間すっごい見てる息子は、言葉を発しないせいかあまり人っぽくなかったんだけど、最近「パンダ取ってきて」と言うとパンダのぬいぐるみを持ってきたり、「プリシラ呼んできて」というとプリシラを指差しに行ったりするので(単に白黒のものにだけ反応しているのかもしれない)、もしかすると私の髪型がムシャムシャ落ち武者なことに気付き始めたのでは?と疑心暗鬼(←それほどでもない)になっていました。
というわけで、オットが行った「激しく安い美容院(チェーン系)」へ行ってみたのでした。
いきなり受付のお姉さんの髪型(色もテクスチャも)が!!簡単に言うと前時代的で、「今日はどうなさいます?」と聞かれて「あなたみたいな髪型でなければ何でも!」と答えたくなりました。
予約も受け付けてくれない、ただ安いだけ(カットが1900円でパーマが2500円)の店でデジタルパーマかけちゃう私って勇気あるよね!
結果から言うと、私のようなムシャムシャ(落ち武者)ヘアーの場合仕上がりに関しては高い店との差はなし。
ただし、美容院で過ごす優雅な時間的な付加価値はゼロ。
美容師との白々しい会話が苦手な人にはオススメ。
私は会話拒否のアピールとして持参した『テロリストのパラソル』を読んでいました。
面白かったー。本が。
[PR]
by tackysouvenir | 2008-02-03 11:51 | miscellaneous
読書記録
f0052086_1152463.jpg仏壇屋のチラシを見ながら寝てしまった犬たちの図。

さて、うちのミニゴリラ君、どうやら丸10ヵ月間におよぶ夜泣き生活にやっと終止符を打ってくれた模様。
夜9時近くになるとムニョムニョと体をすり寄せてきて、9時半にはかってに寝るようになり、夜中もほとんど起きることがなくなりました。
睡眠時間が足りるようになってきたせいか、やっと読書欲がわいてきた私です。
妊娠中+産後のブランク期間(本当に冗談じゃなく二年間まともな本を読んでいない)を経て、読みたい本、読んでおかないとまずい本、読み直したい本、いろいろあるんですが、とりあえず以前から好きだった作家さんが読みやすかろうというわけで、宮部みゆきの『あかんべえ』をピックアップ。
先日独り焼肉の際に買って入店したものの、独りだと焼いて食べるだけでスゲー忙しくて本など読んでる暇はなかったといういわくつき(?)の本でございます。
自分って本当にちょっとバカなんじゃないかと思う理由のひとつとして、登場人物が多いと誰が誰かわからなくなる&外人の顔と名前が覚えられないという弱点を持つ私ですが、どういうわけか宮部さんのは大丈夫。
彼女の現代モノの作品は全部読んだ(はず)ですが、どうも時代小説系には食指が動かずパスしてきました。
これは、時代小説好きのオットが先に読んで絶賛していたので、私も重い腰を上げてページを繰ったという次第です。
上下巻を三晩で読破という結果でしたが、時間が許すなら一晩で読めてしまうほど「読ませる」内容でした。
ミステリーだし怪談だし、悲劇的なエピソードも盛り込まれてはいるんだけど、ヒロインのおりんちゃんの機転と活躍で最終的には大団円という気持ちのよいお話です。
ちゃんと死ぬためにはちゃんと生きなくてはいかんのだなーと考えさせられる部分もありました。
それにしても、江戸時代の言葉遣いってクセになりそうー(←IKKO風)。
[PR]
by tackysouvenir | 2008-01-31 11:16 | miscellaneous
as long as you wish to be beautiful,
you will be beautiful.
シャンプーのCMに出てる韓国人女優(?)のヘタな英語を聞くとイラっと来るのは私だけでしょうか?

さて、買い物&外食というのは、一歳児を抱える私(尋常でない出不精で面倒くさがり)が独力で敢行するのが困難なイベントです。
なんだけどー、このたび ぶぶこさんの飼い主夫妻のご好意であっさり実現してしまいました。
(私より)若くて(私より)きれいなおねいさんが大好きな息子は、ヨメスケさんがいるというだけでいきなりウホウホです。
目的地に向かう車中はバナナを食いながらウホウホ→買い物中はカートに乗ってパンをかじりながらウホウホ→食事処に向かう車中で睡魔に見舞われ→大人の食事中は見事なまでの爆睡→8割がた完食した頃に目を覚まし→持参したおにぎりと苺を貪ってウホウホ→帰りの車中は満腹で爆睡という、一歳児(運動神経はいいがアホ)にしては奇跡的な良い子ぶりを見せてくれました。

f0052086_22311892.jpgこんな感じで。

どうやらぶぶこさんちの二人にも嫌われずに済んだ模様。
とかいって私が嫌われていたらどうしよー。やだー。
子供を産もうかどうか悩んでる人は、とりあえず外食と買い物は存分に済ませておいたほうがいいですよ。ホント。
[PR]
by tackysouvenir | 2008-01-27 22:09 | miscellaneous
今年の反省と来年の目標
息子の分泌物地獄で奮闘していたら紅白が始まってしまいましたよ。
すんごい音痴な外人さんが出てますね。
大方の予想通り私もやられましたが、吐き気一日関節痛一日の計二日でほぼ完治という驚異的な回復力を見せてしまいました。
本当はもっと寝ていたかったのに。

2007年は、冗談抜きで一冊もまともな本を読まずに過ぎ去ってしまいました。
もともと読書家というのはおこがましいのですが、通勤電車の中でベストセラー的な書籍に目を通すくらいのことはしておりました。
んが、産前数ヶ月は猟奇殺人モノのノンフィクションと猫村さん、産後は物理的に読書不可能な環境(子供が寝たら自分も寝てしまう、子供がおきていると紙を食べられる)に追い込まれたため、本を読まないのが当たり前になってしまいました。
職業柄、英文和文ともに常によい文章に触れていないとまずいんですが、結局推敲を経ずに画面に映し出される素人さんのぬるいブログを斜め読みするのが関の山でございました。
昨日の晩は久しぶりに『ロダンのココロ』を読みました。ワホ。
というわけで、2008年は本を読むんだぜ、わしは。
こんな目標を立てること自体翻訳者としてヤバイわい。
あと、エアコンと冷蔵庫を買うために働きます。

f0052086_19433879.jpgまずはこれを読んで椅子を買うのだ。


んだば、皆様良きお年越しを。
[PR]
by tackysouvenir | 2007-12-31 20:20 | miscellaneous