奮闘中のふり
by tackysouvenir
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:landscaping( 1 )
Welcome to the garden of earthly delights.
うちは7階建ての5階にあるんですが、急斜面ゆえに下が地面です。
実際に見てもらわないと理解できないと思いますが、要するに5階とは名ばかりで実際は1階そのもの。
東側にいたっては腰高の窓の外は思いっきり地面なので、半地下みたいなもんです。
床下収納があったり、階下への騒音を気にしなくてよかったり、普段の生活においてはいいことずくめです。
つーか、一戸建てをあきらめた時点で、マンションの1階狙いで探してたんですけどね。
犬と子供がいるからね。階下に気を遣って暮らすのはしんどいからね。

当然のように小さいながらも庭があるので、気候がよくなったら犬&子供をリリースしてやろうと思ってたんですが、この庭がクセモノでした。
雨の日は泥ハネで窓がドロンドロン、乾燥した日は土ぼこりが舞い、夏~秋には蚊が大発生(雑草放置が原因)、秋~冬は枯れ葉がドサドサ。
肝心の犬&子供のリリースも、後で泥汚れを落とすことを考えると躊躇してしまいます。

去年入居した際に、とりあえず泥よけの目的で背の高いプランターに植物を植えて窓周りに配置しました。
虫除け効果があると言われているゼラニウム、ミント類、うちでは異様に消費量の多いパクチーなど。
なぜかバジル類は10日ももたずに腐って枯れましたが。
しかしね、いくら植物を置いても、この荒れ果てた庭を見ると滅入ります。
クリスマスの飾りを撤去する気にもなれんのです。
というわけで、諸悪の根源である庭の地面をなんとかしようということになりました。

必要な条件は、雑草根絶・自然素材・あんまり高くないの三点です。
ここで浮上したのが『ウッドチップ』『芝生』『砂利』なんですが、調べてみるとどれも一長一短でね。
ウッドチップはシロアリのエサとなる可能性がある。
芝生は手入れが相当大変らしい。
砂利は犬や子供の足に悪そう。
どれも落ち葉の季節の掃除が死ぬほど大変そうだし。
そこで、窓周りは『固まる土』、目隠し用に植えられている木のあたりを『グラウンドカバー(植物)』で攻めてみようかと。
固まる土は『永土』、グラウンドカバーは、繁殖力が強いシロツメクサ(クローバーね)に決定。たぶん。
このドシロート的判断に物申したい方はコメントください。
[PR]
by tackysouvenir | 2008-02-21 10:22 | landscaping