奮闘中のふり
by tackysouvenir
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
安ダサ美容院にて
f0052086_12523492.jpgいまだにクリスマシーな我が家の窓&庭。

さて、最後に美容院に行ったのがいつだったか思い出せません。
平日なら実家の両親(チャリ15分の距離在住)、週末ならオットに子供を預ければいつでも行けたんですけどね。
基本的に外に出ない生活なので、オット以外に顔をあわせるのは宅配業者のオッサンとパルシステムのお兄さん、そして新聞の集金ボーイ(ちょっとかわいい)だけなんですわ。
絶対に私の髪型のことを気にしてない人たちにしか会わないのに、貴重な時間とお金をかけて美容院に行く意味がある?!こういうのどう!?スキ?キライ?スキ?キライ?と激しく自問自答する日々だったわけ。
唯一私のことを毎日長時間すっごい見てる息子は、言葉を発しないせいかあまり人っぽくなかったんだけど、最近「パンダ取ってきて」と言うとパンダのぬいぐるみを持ってきたり、「プリシラ呼んできて」というとプリシラを指差しに行ったりするので(単に白黒のものにだけ反応しているのかもしれない)、もしかすると私の髪型がムシャムシャ落ち武者なことに気付き始めたのでは?と疑心暗鬼(←それほどでもない)になっていました。
というわけで、オットが行った「激しく安い美容院(チェーン系)」へ行ってみたのでした。
いきなり受付のお姉さんの髪型(色もテクスチャも)が!!簡単に言うと前時代的で、「今日はどうなさいます?」と聞かれて「あなたみたいな髪型でなければ何でも!」と答えたくなりました。
予約も受け付けてくれない、ただ安いだけ(カットが1900円でパーマが2500円)の店でデジタルパーマかけちゃう私って勇気あるよね!
結果から言うと、私のようなムシャムシャ(落ち武者)ヘアーの場合仕上がりに関しては高い店との差はなし。
ただし、美容院で過ごす優雅な時間的な付加価値はゼロ。
美容師との白々しい会話が苦手な人にはオススメ。
私は会話拒否のアピールとして持参した『テロリストのパラソル』を読んでいました。
面白かったー。本が。
[PR]
by tackysouvenir | 2008-02-03 11:51 | miscellaneous
<< Guilty Cream Puffs 読書記録 >>